2010年 03月 28日 ( 2 )

左利きのためのガドーショコラ

b0112855_232194.jpg

昨日、卵を購入した時にせっかくの美味しい卵だから、久しぶりにケーキを焼こう♪と思い立ちました!!

ケーキを焼く時は卵が美味しいかどうか…というのはものすごく重大な問題で、卵の良し悪しによってケーキの味が決まるといっても過言ではありません(笑)。

この卵は卵農家さんの直売所で購入してきたのですが、やはりというか…以前WWOOFさせていただいた愛媛の卵農家さん同様にシフォンケーキも売り出していました♪

そのお宅も卵として売れないものをお菓子に加工して販売しており、目玉商品がシフォンケーキとシュークリームだったのです。

シフォンケーキはケーキの中ではもっとも卵の消費量が多いし、シュークリームはシュー皮にもカスタードクリームにもダブルで卵を使いますものね~☆

直売所で売っていたシフォンケーキを見て、久しぶりにわたしもシフォンケーキを焼いてみようかな…とも思ったのですが、無塩バターが冷蔵庫に残っていることを思い出し、ウイスキーをたっぷりきかせたガドーショコラを焼くことにしました♪

焼きあがった後に80mlという大量のウイスキーをはけで全体に塗り込み、丸2日間は室温で寝かせてじっくりとお酒となじませてからいただくケーキです。

これはホントお酒好きにはたまらない“大人”なケーキなんですのよ~☆

なのでお子ちゃま向けに生クリームを添えたり、デコレートしたりせず、焼きっぱなしの状態でお酒の香りとカカオのほろ苦さを存分に味わいます(笑)。

↑写真がこんなに地味なお姿なのもそのためで、決して手を抜いたわけではありません…あしからず♪

そうそう、題名の『左利きのための』というのは、“お酒好きのための”“飲兵衛のための”という意味です(笑)。

昔、大工さんや鉱山の職人、または彫刻家などノミを使う人たちの間から生まれた『左利き』という言葉。

通常、職人さんたちは左手にノミを持ち、右手のかなづちでそのノミを叩いて木や石を削っていきます。

つまり左手はノミを持つ手=『ノミ手』であり、それ『呑み手』と洒落て、酒飲みのことを“左利き”というようになったのだとか。

江戸時代の人たちは本当に言葉遊びが好きだったんだなぁ…なんてこんなことからも想像できて楽しいですね♪


【材料】
・ビターチョコレート     70g
・無塩バター         60g
・卵               3個
・てんさい糖         100g
・生クリーム         50g
・薄力粉            25g
・ココアパウダー       60g
・ウイスキー         80ml   

【つくり方】
1 小さめのボウルに粗く刻んだチョコレートとバターを一緒に入れ、約60℃くらいの湯煎にかけて溶かす。
2 薄力粉とココアパウダーを2回ふるっておく。
3大きめのボウルに卵白を入れてハンドミキサーでメレンゲをつくる。途中で半量のてんさい糖を2~3回に分けて加え、角が立ってきめ細かくなるまでしっかり泡だてる。
4 もう1つの大きめのボウルに卵黄と半量のてんさい糖を入れ、もったりと白っぽくなるまでハンドミキサーで混ぜる(2の後ハンドミキサーは洗わなくてOK♪)。
5 4に1と生クリームを加えて泡だて器(ハンドミキサー不適)で混ぜ、さらに2を加えて粉気がなくなるまで混ぜる。 
6 1/3量の3を加えてゴムベラでムラなく混ぜ、残りの3を加えてメレンゲを潰さないように切り混ぜる(チョコやバター・ココアパウダーの油脂でメレンゲの泡が消えやすいので、手早く行うことがポイント!)  
7 型に6を入れ、170℃に予熱してあるオーブンで40~45分焼く。
8 焼きあがったら熱いうちに型を外し、ウイスキーをはけで全面に塗る。
9 中まで完全に冷めてからラップでくるみ、室温で2日間は寝かせる(翌々日からが食べごろ)。

※このレシピは『焼くだけのお菓子Vol.2』を参考にしています。
b0112855_2324819.jpg

確か父の酒蔵にウイスキーがあったことを思い出し、無断で拝借することにしました(笑)。

若い頃はウイスキーやブランデーなど洋酒で寝酒をしていたらしいのですが、ここ最近はもっぱら晩酌にビールか日本酒を呑む程度。

少なくともこの5年は呑んでいないと思われるウイスキーなので、ただ寝かせておくなんてもたいないですもの!!

甘酒をつくる時も父の日本酒を拝借しているので、ウイスキーも勝手に頂戴しようとしたら、なんとピッタリ計量カップに80ml注いだところで空になってしまいました(汗)。

う~ん、父が今後、万が一ウイスキーを呑もうとした時に無断拝借がバレるわけですが、「長く置いといたから蒸発しちゃったんじゃないの?」とシラを切り通す予定でいます(笑)。

時効まで持ち越せるかどうかは神のみぞ知る…なんちゃって♪
b0112855_2331840.jpg

ケーキが熱いうちにウイスキーを塗っていくので、最初は蒸発してしまうのでは?と心配になりますが、量もたっぷりなので中まで滲み込みますよ~♪

↑ウイスキーを塗るとツヤツヤになります☆
[PR]
by wasurenasumire | 2010-03-28 22:01 | sweets

甘い休日の朝

b0112855_1224614.jpg

休日の朝はちょっと甘い朝食で…昨日、美味しい卵を買ってきたので、今日は久しぶりにパンプディングをつくってみました♪

卵は1パック買ってしまうと新鮮なうちには使い切れず、もったいない思いをすることが多々あります(←加熱すれば大丈夫なのですが、できれば新しいうちに食べきりたいですもの…涙)。

そのため、ひとり暮らし3年目の昨年から編み出した方法が、使いたい時に実家に1~2個もらいに行くというアイディアでした(汗)。

「全然ひとり暮らしの意味ないじゃん!甘ったれだねぇ」と当初は母を含め、親戚の伯母さんたちからも非難ゴーゴーだったのですが、後に母がややコレステロールが高いことがわかり、1~2個わたしがもらっていくくらいで丁度いいかも…という話に落ち着きました(笑)。

なのでここ最近、卵を1パック購入するという機会はまったくなかったのです。

ところが昨日の筍狩りの後、卵農家さんの直売所にbossに連れて行ってもらい、そこで1パックどころか…1袋単位で販売されていた卵を購入♪

久しぶりにずっしりと重い卵の袋を抱えて、幸せ気分満載でした~!!

せっかく新鮮で美味しい卵を買ってきたので、いつももらってばかりの実家におすそ分けして、わが家用の卵たちも新しいうちに美味しく食べきるゾ~!!とはりきって腕まくりしています(笑)。

ふわふわでやわらかな卵の食感を慈しむように…まずは1品目のパンプディングをいただきま~す♪
b0112855_1233888.jpg

↑とっても簡単なパンプディングです♪

今日は午後ケーキを焼こうと生クリームを買い置きしてあったので、牛乳だけでなく生クリームも加えましたが、基本は卵と牛乳とパン、後はお砂糖などの甘みがあればつくれます☆

オーブンがなければトースターでもいいし、フライパンで焼いてもOK♪

硬くなってしまった食パンやフランスパンなどがパンプディングにすると生き返りますよ~(笑)。


【材料】
・食パン          1枚(6枚切)
・卵             1個
・てんさい糖        大さじ1
・牛乳            120ml
・生クリーム        50ml
・シナモンパウダー    少々

【つくり方】
1 ボウルに卵を溶いててんさい糖を加え、よくかき混ぜる。
2 牛乳・生クリームを順次1に加え、均一になるようにかき混ぜてプリン液をつくる。
3 食パンを9~16個ほどに切り分け、2に浸しておく(前日の晩にここまでして冷蔵庫に入れておいてもOK)。
4 耐熱皿に3の食パンをのせ、残ったプリン液も一緒に流し込む。
5 180度に予熱したオーブンで20分ほど焦げ目がつくまで焼き、仕上げにシナモンパウダーをふる。

※ドライフルーツやナッツを混ぜても美味しそうだし、甘みはジャムやハチミツ・メープルシロップなどを最後に添えても合うと思いますよ~☆
b0112855_1241911.jpg

今日のヨーグルトサラダは定番のバナナと昨日いただいた夏みかんのフルーツヨーグルトです♪

そこにつくり置きの金柑の甘露煮を添えてきな粉を振ってみました!!

今『きな粉ヨーグルト』に夢中なのですが、きな粉にお砂糖が入っていなくても、プレーンヨーグルトに混ぜることで豆の甘みが引き立ち、ヨーグルトの酸味が緩和されてまろやかな味になるんですよ~☆

豆類とヨーグルトは『黒豆ヨーグルト』でのベストマッチな味に感動し、相性のよさがわかったのですが、粉状になっているきな粉でも充分そのハーモニーが感じられます(笑)。

そうそう、今となってはヨーグルトが朝食の友なのですが、実はわたし、こどもの頃は大のヨーグルト嫌いでした…(沈)。

保育園のおやつで『コア』というヨーグルトがよく出たのですが、本当に喉を通らなくて涙目になりながら食べた記憶があります(泣)。

プルンプルンの食感が苦手だったようで、ヨーグルトもプリンもお豆腐も苦手な食べ物でしたが、それが今やその3つが好きな部類の食品になっているのですから、本当に先のことはわからないものです(笑)。

でもやっぱりお豆腐も口溶け滑らかな充填豆腐が好きだし、プリンもフワッととろけるような食感のプリンが好き♪

ヨーグルトに至ってはまず開封する前にガシャガシャと豪華にシャッフルして、トロッとした状態にしてからいただきます。

こうやって振ると口あたりもビックリするほどよくなるし、何しろ乳清と分離しないというメリットもあります♪

百聞は一見にしかず…なめらかヨーグルトをぜひぜひお試しあれ~☆
b0112855_1245565.jpg

↑こちらは紹介し忘れていたつくり置きの金柑の甘露煮♪

そういえば昔、祖母の家に金柑の木があって、こどもの頃はよくもぎ取って食べましたっけ(笑)。

皮は甘いのに欲張って中身まで食べようとすると、ウッとなるほど酸っぱくて「だから皮だけ食べなさいって言ったのに」と笑われた記憶もあります(汗)。

金柑は金冠とも書いて縁起がいいこと、またビタミンCがたぷり含まれていて、喉の痛みや風邪予防に効くなどとも云われ、昔から民間療法に利用されてきたのだとか。

また果実にしてはめずらしく“カルシウムが豊富”という女性には嬉しい一面もあります♪

そんなこんなで“久しぶりに金柑が食べたいなぁ”なんて思っていたら、2週間ほど前にファーマーズマーケットで運よく見かけたので購入してみました!!

こどもの頃のように生で皮だけかじってもいいけれど、せっかくなので丸ごと食べられるように甘露煮にして常備菜としておくことに☆

ほんのりとした苦味がまたオツで…ヨーグルトにのせたり、一服する時のお茶うけにしたりとかなり重宝しています。


【材料】
・金柑        100g
・てんさい糖     20g

【つくり方】
1 金柑は水洗いして水気を拭き取り、竹串でへたを取って皮に切れ目を入れる。
2 小鍋に1とかぶるくらいたっぷりの水を加え、火にかけて茹でこぼす。
3 楊枝で2の金柑から種を取り出す。
4 小鍋に3を戻して新たに水をひたひたに注ぎ、弱火でコトコト20分ほど煮ていく。
5 てんさい糖を3に加え、汁気が少なくなるまで煮詰める。
[PR]
by wasurenasumire | 2010-03-28 09:59 | sweets


ていねいで居心地のよい暮らしを目指して…管理人:水遊   コメントは承認制となっています♪反映までに時間がかかることをお許しください☆


by wasurenasumire

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

cafe
owner
seasons
farm
macrobiotic
cooking
sweets
breads
soba
drink
books
music
cinema
events
goods
travel

以前の記事

2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

最新のトラックバック

オーガニック についてー..
from オーガニック のお話
黒豆ダイエット 安田大サ..
from 芸能ニュース
黒豆ダイエット 安田大サ..
from 芸能ニュース
鉄分は摂りすぎ注意?  
from 鉄分を効率的に摂るなら~貧血..
朝ごはん食べた?★朝ごは..
from 推薦?各種料理レシピと料理の素
http://kanta..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
端午の節句の簡単料理レシピ
from 簡単料理レシピ情報ナビ
簡単料理レシピのアウトド..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
パーティで使える簡単料理..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
おもてなしの簡単料理レシピ
from 簡単料理レシピ情報ナビ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

monasaの信州草花通信
コトコトきっちん
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
ミケの「畑へ行こう!」
マレエモンテの日々
くらぶち日記
丁子色
ばーさんがじーさんに作る食卓
フーの気まぐれ日記
たろべえじゅ通信
食卓の風・・・
ちいさなKitchenより
chaud nori
ぬるぅい畑生活
フィレンツェ田舎生活便り2
おべんとにっき
Happy Time♪
AYAのかわいいお弁当&...
**FUWA*ふわ*FU...
私的ぽくぽく日記
LaClé*Une,De...
Elegance Style
江戸・東京ときどきロンドン
vege dining ...
マクロビギナー
キシノウエンの 今日のて...
マイケルと読書と、、
おいしい茶色生活
北イタリア自然派生活
妻がコーチングを学んだら...
「がまだし日記」
ビーガンですけど、何か?
やさい部
農村の風
-*arisu*- ca...
おいしい暮らし~maru...
ごはんの時間 ++気まぐ...
Country Life
kitchen
あわじしまっこ、フィレン...
今日の畑しごと(キシノウ...
ちゃちゃっとご飯@男子食堂
クスクスこんな日
野菜とお菓子のHAZKI...

木精占い

SQ Life 木精占い

ライフログ


私の作る郷土料理 (クウネルの本)


クウネルの本 伝言レシピ (クウネルの本)


クウネルの本 つづきまして伝言レシピ


昔ながらの行事と手仕事をたのしむ、十二か月のレシピ にほんの食ごよみ


鎌倉・不識庵の精進レシピ 四季折々の祝い膳


うーらのオーガニックレシピ手帖 (エンターブレインムック)


izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」


つけもの漬けよっ。


ホームベーカリーで毎日焼きたて!元気パン―持ち寄りやお招きに大活躍!ママ&キッズの簡単おうちパン (saita mook)


焼くだけのお菓子 (Home made club)


焼くだけのお菓子 vol.2


ホットケーキミックスでパパッと作れる!うちカフェおやつ―スコーン、ガトーショコラ、バーケーキ…人気のカフェおやつがすぐ作れちゃう! (別冊すてきな奥さん)


藤井恵さんちの卵なし、牛乳なし、砂糖なしのおやつ (主婦の友生活シリーズ―Comoブックス) (主婦の友生活シリーズ―Comoブックス)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧