カテゴリ:seasons( 3 )

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

b0112855_21581070.jpg

晩冬の最後の最後・大寒の末侯になりました♪

平野恵理子さんは『オリオン座輝く』と、空についてこの時季の七十二侯を記しています。

確かに冬の空は凍てつくほどに冴え、星のきらめきが見事で見惚れてしまいますものね☆

一般的な七十二侯では“春の気を感じた鶏が鳥屋に入って卵を産む頃”と、地上の動物の様子について記されています。

鶏たちが春の気を感じて産卵するにもってこいな状態で、ここ数日、身震いするような寒さが緩んできました。

本当に春の足音がすぐそこまで近づいてきているみたい☆

三寒四温というからまだまだ寒さ対策にも気が抜けませんが、きっとこれからは一雨ごとに温かくなっていくことでしょう。

そうそう『鶏が産んだ卵はどのくらいでヒヨコになるのか?』というと、だいたい3週間くらいなのだそうです。

だからなのかなぁ…黄色というのはわたしの中では強烈に春のイメージ。

菜の花が咲いて、たんぽぽが咲いて、雛がヨチヨチ歩いて、新一年生がピカピカの黄色帽をかぶって登校していく。

動物も植物も成長するエネルギーに満ちていて、はつらつとしている季節です☆

日本の新年度が4月始まりというのは、四季のある日本に即していて素敵な慣わしですよね~♪

爽やかでフレッシュな…温かい黄色の季節が待ち遠しい(笑)。

さてさて、今回は卵に関するお歌をご紹介したいと思うのですが、ちょっとだけ趣向を変えて万葉集や古今集といった古典ではなく、現代短歌を載せることにしました。

というのも、タネを明かすと実は卵に関する古典和歌が見つからなかったのです(汗)。

昔は卵が大変貴重な食品でしたので、今のように日常的に食卓にのることはありませんでした。

“滋養になる”とか“精がつく”といわれ、半分は薬のような扱いだったようで、特に病人のお見舞いなどに用いられることが多かったのだとか。

そんな背景を考えると、おせち料理に欠かせない伊達巻が超・豪華料理だったことも頷けますよね~♪

朝ごはんに卵焼きとかスクランブルエッグとか、わたしたちにとっては当たり前の定番メニューでも、当時の人にとったら目玉が飛び出てしまうくらい贅沢なことだったのかもしれません。

でも現代のように自然のサイクルが壊され、鶏が人工的に卵を産むための機械のように扱われているからこそ、こんな生活が成り立つのかも?(沈)

本来その家で飼われていた数羽の鶏が産む卵を食べていたのだもの。

“命あるものがいのちを産む”という自然の摂理をそのままにした暮らしでは、得られる卵の数は多寡が知れていますよねぇ。

1日にひとり1個の卵なんてとても食べられなかったのではないかしら?

それなのに今の時代はパック詰めされた卵が100円ちょっと(100円以下の場合も…汗)で買えてしまう。

そう考えると、わたしたちの消費欲によって不自然に産まされている卵がいかに多いかが見えてくるように思うのです。

自然のサイクルを捻じ曲げて得られる卵はすごく哀しい。

お料理にもスウィーツにも卵は絶対に欠かせないけど、だからこそ昔の人たちのように大事にいただきたいですね☆

また卵を産んでくれる鶏たちの環境がいいものであるように…とも願っています!

できるだけしあわせな環境の中で鶏が成長して産卵できたらいいなぁ~♪

“卵もて食卓を打つ朝の音ひそやかに我はわがいのち継ぐ”(高野公彦)

自分の大切な命を継ぐために、卵の小さないのちをいただいて自らに取り込む。

このお歌には自分の命への愛情といのちを授けてくれた卵への感謝、そして今日も元気に自分らしく生きていくのだ…という前向きな決意が含まれているように感じられました。

そういえば、以前『いのちの食べ方』という映画を見たのですが、興味のある方はぜひぜひ1度ご覧になってください~☆

この映画は上のお歌のような明るい内容ではなく、植物にしても動物にしても、いのちあるものを食べねば生きていけないという人間の業がジリジリと感じられて苦しかったです(涙)。

さらにそのいのちの扱い方がまるで工業製品をつくりだすかのように冷たく機械化され、命あるもの同士の温かな交流や複雑な感情が一切排除されている現代の食事情を目の前につきつけるような…そんなドキュメンタリー映画でした。

『食べる』lことが大好きなわたしでも、この映画を見終わった後あまりのショックに、ズーンと落ち込んで食欲が落ちるほど…(沈)。

“わがいのち継ぐ”と朗らかに詠えるほどエネルギーに満ちた卵の存在こそが、今の時代は貴重になってしまったのかもしれません。

もう一首はまったく別の卵のお歌を♪

“取り落とし床に割れたる鶏卵を拭きつつなぜか湧く涙あり”(道浦母都子)

このお歌はわたしの中では姑にいびられた嫁の歌…なんとなく橋田壽賀子のドラマを彷彿とさせます(笑)。

我慢して我慢して限界まで我慢して…卵の殻みたいに薄い壁を貼りめぐらせて、なんとか感情の放出を耐えているのに、そこに何かしらの刺激があってパリッと表面にヒビが入ってしまったら、あとは止めようにも止められないほど涙があふれて号泣…。

心情的にはものすごく共感できるお歌で、泣きだす時ってきっと誰でもこんなふうに卵のような状態なんだろうなぁ…と思うのです。

それに他人のいる前では思い切り泣けず、割れた卵を拭っている自分ひとりの空間でこそ、安心して泣けるというのも…きっと意地っ張りな作者と相通じるところがあるわたしには「うんうん」と大きく頷けるお歌なんですよね~(笑)。

卵は割れてツイてないし、人目をはばかる必要もないし、抑えていた涙のスイッチがカチッと入ってしまうような場面設定なんだもの。

このシチュエーションだったら、きっと泣かずにはいられないような気が…(笑)。

でも泣くとドロドロとしていた感情がスーと流れて、スッキリするのはなぜなんだろう?

涙で眼を洗ってピカピカになった瞳で世界を見られる…から?

なんにしても涙の効用ってとても偉大だと思っているので、大人になってもワ~ンと大泣きできる時が必要なのでしょうね♪


※写真はゆんフリー写真素材集さまからお借りしています♪
[PR]
by wasurenasumire | 2010-01-30 23:57 | seasons

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

b0112855_22574918.jpg

寒くないと言ったらウソだけど、しんしんと体の髄まで凍えるような…そんな痛いくらいの冷たい朝ではありませんでした。

車に霜がついていたので気温は低いのでしょうが、風がなくさわやかな寒さで空気が美味しい(笑)。

清浄な空気を胸いっぱい吸い込めば、休日明けで苦手な月曜日もなんとか踏ん張れそうです♪

そうそう、今の時季は空気だけでなくお水も冷たくて美味しい~☆

朝、水道の栓を開いてお水をジャカジャカ流してから、コップに水を汲んでゴクッと飲みほします。

眠っていた体が起きだして、水とともに血液が元気にめぐるような感覚もあって…スカッと気分爽快なのです!!

その後やかんにもお水を汲み、お湯を沸かして『穀物コーヒー』を♪

時間があれば本を読んだり、ラジオを聴いたり…たった10分でも朝に優雅な時間がある日は1日がとても有意義なものになるような気がします。

そうこうしているうちに空が白みはじめて、朝陽で部屋が明るくなってきてきます。

お布団の中で丸まって「あと5分だけ」とぬくぬくしているのも気持ちいいのですが、朝陽が登る頃にちゃんと目を覚まして活動していると、「今日1日の楽しさをしっかりつかまえて味わおう♪」という意気込みが生まれるんですよね~(笑)。

時間を追いかけたり時間に追われたりするのではなく、むこうからやって来るのを待ち構えてお出迎えできたような…そんなこころのゆとりが得られるのが朝型生活の最大の魅力☆

そういえば清少納言も「冬は、つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし」と冬の早朝が好きだと言っています。

そうだろうなぁ…御簾を上げたら白銀の世界だったなんて、“一体どんなマジシャンが現れたんだろう?”って思ってしまうくらい想像するだけで素敵だもの♪

それに霜柱を発見したり、車に霜がついているのを見るとワクワクしてしまうので、“霜が真っ白になっているのもいいよね”との彼女の言葉に、ウンウンと頷けるものがあります(笑)。

寒い外と温かい家…この対比が冬の魅力と言っても過言ではないかも♪

冬って寒いから縮こまって過ごして、“お家の中から外へ出たくないなぁ”なんて思うのですが、でもしっかりと自分を守ってくれる巣穴に閉じこもっていてもいいんだ…という安心感も抱えています。

森の動物たちのように冬眠はしないけれど、冬籠りというのは気分は冬眠と一緒なんですよね~♪

頑丈な巣穴でホクホクと温かい飲み物を飲んでゆっくりと過ごす…そんな冬籠り生活は退屈でもあり、ホッと安堵する時間でもあり。

春の訪れは待ち遠しいけれど、このぬくぬく暮らしから外の世界へ出ていくのはちょっと不安かな。

次の季節に移る時の寂しさはいつものこと(笑)。

もう少しだけ冬籠りを楽しんで、虫も動物も元気に飛び回る頃…わたしもこの1年の活動を開始しようと思っています☆

“冴る夜はよその空にぞ鴛鳥も鳴く凍りにけりな昆陽の池水”(西行)

西行のお歌にはどれもツキンと心臓を刺されるような痛みがつきまとっています。

“冷えびえとした冬の夜、おそらく昆陽の池の水も凍ったのでしょう。いつもそこにいるおしどりの鳴き声が遠くから聞こえてきます”という意味なのですが、この一首からも怖いくらい深い孤独をひしひしと感じ取ることができます。

一人で抱えるには大きすぎるくらいの孤独。

でもその孤独とともに生きていくことを決めた西行。

潔いというべきか、寂しいというべきか…。

わたしには彼の生き方をなんとも評することはできないのですが、最近、西行への関心がムクムクと成長中なので、敬愛する白州正子さんが書かれた西行論を読んでみようかなぁ…と思っています☆

さてさてもう一首は春のお歌を♪

“水の面にあや吹き乱る春風や池の氷を今日はとくらむ”(紀友則)

…なんて時季もきっともう少しでやってくることでしょう。

やさしい春の風によって綾模様をなしている水面には、やわらかな陽射しが反射してキラキラしていそうですね☆

『春と言えば花粉』…風流な話から縁遠いのですが、そろそろ本格的に花粉症対策に乗り出さないとっ(笑)。
b0112855_2042555.jpg

平野恵理子さんによる現代版七十二侯では『椋鳥群れる』とあって苦笑してしまいました(沈)。

平野さん、もうちょっと前に教えてくれれば…わたしのブロッコリーがバリカンで刈られたような姿にならなくても済んだのに(涙)。

↑こんな感じでネットを張って保護していますが、椋鳥に葉っぱを食べられ見るからに痛ましい姿になっております(涙)。

でも今度はひょっとして大群でわが愛菜園に押し寄せてくるかもしれないので、警戒を怠らずに“椋鳥対策を講じていかないとっ!!”と気合を入れ直さないといけませんね~☆


※1枚目の写真は男衾村-復興計画さまからお借りしています♪
[PR]
by wasurenasumire | 2010-01-25 22:58 | seasons

雉始雊(きじはじめてなく)

b0112855_2202776.jpg

今週はこの温暖の地・静岡にあっても雪と見間違うばかりの風花が舞って…本当に冷え込みの激しい1週間となりました(涙)。

気温も低くてさらに風も強かったため、体感温度がずいぶん低かったのか、手先が温かいことがとりえのわたしの指先ですら、かじかんでしもやけになりそうなくらい(泣)。

このところ暖冬の年が続いていたため、久しぶりに『冬の厳しさ』を痛感したように思います。

さてさて七十二候では“雉が鳴き始める頃”とのことで、雄が雌を呼んで甲高い鳴き声をあげる時季なのだとか。

『雉も鳴かずば撃たれまい』とのことわざがあるように、体の大きな雉の鳴き声は「ケーンケーン」とひときわ鋭く寒空によく響くのだそうです。

わたしの中で雉という鳥は“桃太郎のお供のひとりだったかな?”というくらい…まったく身近な動物ではありません。

今回この記事を書くにあたっていろいろと調べている中で、“そんなに鳴き声に特徴があったのか”とフムフム納得していました(笑)。

↑写真を見て「雉ってこんなに派手な鳥だったんだ」と思ったのもついさっきの話です(汗)。

しかしその雉…調べてみたらとてもおもしろいことがわかりました♪

“春の野のしげき草葉の妻恋ひに飛び立つきじのほろろとぞ鳴く”(平貞文)

古今和歌集の中の一首で“生い茂った春草の中を妻を求めて飛立つ雉のように…私もあなたのことがとても恋しくて泣いているのです”という意味の恋歌です。

なのですが、雉は「ケーン」と鳴くと書いてあったのに、なんでこの歌では「ほろろとぞ鳴く」なのかしら?

平安時代は犬の吠え方が「びよびよ」だったり、猫は「ねんねん」と鳴くとした文献が残っているようで、雉の鳴き方もずいぶん違うけれど「ほろろ」だったのかなぁ…と思っていたら、雉は繁殖期になると「ケンケーン」と鳴いた直後に翼を体に打ちつける『母衣打ち(ほろうち)』と呼ばれる仕草をするとのこと。

これが『雉のほろろ』とのことで、確かに“飛立つ雉のケーンとぞ鳴く”ではまったく風情がないのに、“ほろろとぞ鳴く”だとほろりと落ちた涙までイメージできて、しっとりとした情緒が生まれますものねぇ。

いやぁ~日本語ってホント奥ゆかしいですわ♪

そうそう、この『雉のほろろ』からもう1つ、現在でもつれない態度の表現に使う『けんもほろろ』という言葉が残っています。

けんはそれこそ「ケーン」という鳴き声を、ほろろは母衣打ちを指していて、100%雉が由来となってできあがった言葉。

こんなことを知ってしまうと、貞文の恋した姫が“ツンデレな女性だったのでは?”と連想してしまって、気の毒だけれどクスッと笑ってしまいます(笑)。

さてさてもう1首は今のわたしの心情から。

“生ひかはる春の若草待侘びて原の枯野に雉子鳴く也”(西行)

まったくもってその通り…春の若草を待ち侘びているのは雉ばかりではありません(涙)。

花粉症に悩まされるのはわかっていても、やっぱり春の訪れを待ち侘びてしまいますよね~♪
b0112855_21573720.jpg

平野恵理子さんによる現代版・七十二侯では『飯桐赤い実光る』となっています。

赤い実は南天や千両・万両、七竈などいろいろあって全然区別がつきません(汗)。

でも冬の寒さの中で小さな赤い実を見ると、どこかワクワクとした弾む気持ちになりますね☆

飯桐はハート型の葉っぱが特徴的で、昔はこの葉におむすびを包んだことから『飯の桐』の名になったのだとか。

別名『南天桐』とも呼ばれて公園などに植えられていることも多いようなので、今度お散歩に出た時にキョロキョロして飯桐の赤い実を探してみたいと思います♪


※写真は男衾村-復興計画さまからお借りしています♪
[PR]
by wasurenasumire | 2010-01-15 17:56 | seasons


ていねいで居心地のよい暮らしを目指して…管理人:水遊   コメントは承認制となっています♪反映までに時間がかかることをお許しください☆


by wasurenasumire

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

cafe
owner
seasons
farm
macrobiotic
cooking
sweets
breads
soba
drink
books
music
cinema
events
goods
travel

以前の記事

2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

最新のトラックバック

オーガニック についてー..
from オーガニック のお話
黒豆ダイエット 安田大サ..
from 芸能ニュース
黒豆ダイエット 安田大サ..
from 芸能ニュース
鉄分は摂りすぎ注意?  
from 鉄分を効率的に摂るなら~貧血..
朝ごはん食べた?★朝ごは..
from 推薦?各種料理レシピと料理の素
http://kanta..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
端午の節句の簡単料理レシピ
from 簡単料理レシピ情報ナビ
簡単料理レシピのアウトド..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
パーティで使える簡単料理..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
おもてなしの簡単料理レシピ
from 簡単料理レシピ情報ナビ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

monasaの信州草花通信
コトコトきっちん
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
ミケの「畑へ行こう!」
マレエモンテの日々
くらぶち日記
丁子色
ばーさんがじーさんに作る食卓
フーの気まぐれ日記
たろべえじゅ通信
食卓の風・・・
ちいさなKitchenより
chaud nori
ぬるぅい畑生活
フィレンツェ田舎生活便り2
おべんとにっき
Happy Time♪
AYAのかわいいお弁当&...
**FUWA*ふわ*FU...
私的ぽくぽく日記
LaClé*Une,De...
Elegance Style
江戸・東京ときどきロンドン
vege dining ...
マクロビギナー
キシノウエンの 今日のて...
マイケルと読書と、、
おいしい茶色生活
北イタリア自然派生活
妻がコーチングを学んだら...
「がまだし日記」
ビーガンですけど、何か?
やさい部
農村の風
-*arisu*- ca...
おいしい暮らし~maru...
ごはんの時間 ++気まぐ...
Country Life
kitchen
あわじしまっこ、フィレン...
今日の畑しごと(キシノウ...
ちゃちゃっとご飯@男子食堂
クスクスこんな日
野菜とお菓子のHAZKI...

木精占い

SQ Life 木精占い

ライフログ


私の作る郷土料理 (クウネルの本)


クウネルの本 伝言レシピ (クウネルの本)


クウネルの本 つづきまして伝言レシピ


昔ながらの行事と手仕事をたのしむ、十二か月のレシピ にほんの食ごよみ


鎌倉・不識庵の精進レシピ 四季折々の祝い膳


うーらのオーガニックレシピ手帖 (エンターブレインムック)


izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」


つけもの漬けよっ。


ホームベーカリーで毎日焼きたて!元気パン―持ち寄りやお招きに大活躍!ママ&キッズの簡単おうちパン (saita mook)


焼くだけのお菓子 (Home made club)


焼くだけのお菓子 vol.2


ホットケーキミックスでパパッと作れる!うちカフェおやつ―スコーン、ガトーショコラ、バーケーキ…人気のカフェおやつがすぐ作れちゃう! (別冊すてきな奥さん)


藤井恵さんちの卵なし、牛乳なし、砂糖なしのおやつ (主婦の友生活シリーズ―Comoブックス) (主婦の友生活シリーズ―Comoブックス)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧