<   2008年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

しょう油がんづき

b0112855_1714163.jpg

『かんづき』ってご存知ですか?

蒸しパンのようで蒸しパンじゃない。

小麦粉に卵と砂糖を加えて水で煉り、重曹でふくらませたおやつ。

もともとは農作業の合間に食べる小昼として考えだされた、昔ながらのふかし菓子です。

『がんづき』の名の由来は“見た目が雁の群れが満月の夜に飛んでいく情景サ似ているから”だとか。

                                ~『私のつくる郷土料理』より~

以前、この本を読んだ時に載っていたこと、また夏に東北に遊びに行った時に道の駅で売られていて初めて食べたこと…が重なり、『がんづき』への興味がぐ~んとアップ☆

ぜひ一度自分でもつくってみたいなぁ…と思っていたのです。

今日は秋休み最終日で伊勢参りの疲れを癒しつつ、また1日シトシトと雨が降り続いていて出かけられないこともあり、『がんづき』づくりを楽しむことにしました。

がんづきにはくるみを入れたり、味噌やしょう油で味をつけたり、またかぼちゃや枝豆などを入れたり…とさまざまなバリエーションができます。

さらに洋風にしたければココアなどを入れてもいいみたい。

でも、やっぱりこういうお菓子は昔ながらの懐かしい味わいがほしいので『しょう油のがんづき』をつくってみることにしました♪

本当は下の材料の2倍の分量で蒸し器でつくるのですが、わが家には蒸し器がないためマフィンカップで代用…(涙)。

できあがってから冷めるまでの間にカップの下の方の生地がちょっと湿っぽくなってしまうところがいまいちでしたが、それでも初回のがんづきとしてはおいしくできたと思います(笑)。

ふわふわの食感がたまらない~!!

今度は『味噌がんづき』に挑戦してみようかな☆


【材料】
・国産薄力粉        150g
・ベーキングパウダー   小さじ1/2
・重曹             大さじ1/2
・卵              1個
・黒糖(てんさい糖)     120g
・豆乳             1/2カップ
・なたね油          大さじ1/2
・黒蜜             大さじ1と1/2
・しょう油           小さじ1/2
・米酢             1/4カップ
・黒胡麻            適宜

【つくり方】
1 ボウルに卵を割り、泡だて器でよくほぐす。別のボウルに薄力粉・ベーキングパウダー・重曹を合わせて振るっておく。
2 黒糖を使う場合は細かく刻んでから1に入れ、泡だて器でよく混ぜ合わせ、さらに豆乳・黒蜜・なたね油・しょう油の順に加えて混ぜる。
3 ふるっておいた薄力粉・ベーキングパウダー・重曹をもう1度振るいながら2に入れ、トロトロになるまで混ぜ合わせる。
4 酢を加えるとブクブクと泡が出てくるため、ゴムベラに替えてその泡を潰さないようにやさしく切り混ぜる。
5 ゴムベラを持ち上げるとツツーッと垂れる感じになったら混ぜ終わり。
6 マフィンカップの半分くらいを目安に流し入れてから、黒胡麻を散らす。
7 鍋に網を入れて1度お湯を沸騰させてから、網の上にマフィン型を乗せる。
8 13分ほど蒸してからいったん火を止めて竹串で刺し、焼き上がりを確認する。なにもついてこなければ完成。お鍋から出し、ツヤを出すためにうちわなどで扇いで冷ます。

※このレシピは『私の作る郷土料理』を参考にしています。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-09-30 17:44 | sweets

お伊勢さんの旅⑥~内宮~

b0112855_1652913.jpg

お伊勢さんの旅の2日目…ですが、あいにくと朝からしとしと雨が降っています。

泊まった旅館が二見浦というところでしたので、JRで伊勢市まで戻るつもりでしたが、旅館の近くのバス停から内宮さんの前まで行くバスがあることを知り、それに乗ってやってきました♪

昨日お参りした外宮よりもさらに空気が厳かな感じ。

雨によって空気も浄化されているのでしょうか…うっそうとした木々に囲まれた神宮内はやはり特別な空気が流れています(笑)。

平日ですがわたしたちのような観光客がたくさん参拝に来ていました☆

内宮さんは外宮さんが奇数でそろえられているのと異なり、すべてが偶数でそろえられているのだとか。

確かに屋根の上の鰹木は10本で偶数。

御正宮内の松の数も偶数でした~!!

この御正宮は20年に1度『式年遷宮』といって隣の新御敷地に建てかえられるのだそうです。

これだけの社殿を建てかえるというのはただことじゃないと思うのですが、20年に1度というのは早いサイクルでの建てかえですよねぇ。

今の時代ならまだしも昔々の時代であれば、どれほどの費用とマンパワーが必要だったことでしょうか。

昔の人々の天照大神への信仰の深さを感じました☆

神宮内に参集殿という参拝者用の休憩所があり、そこで神宮のビデオが流れていました。

『式年遷宮について』と『神宮の1年の行事について』を紹介する内容のビデオで、2時間くらい見てしまいました~(笑)。

そのおかげではじめてお参りに行きましたが、かなり伊勢神宮について詳しくなったと思います!!

b0112855_16503048.jpg

↑五十鈴川御手洗場。ものすご~く水が澄んでいてきれいでした。

b0112855_1653719.jpg

↑神楽殿。ご祈祷のお神楽を行うところ。

b0112855_16544023.jpg

↑荒祭宮。天照大神の荒御霊をまつる別宮。
b0112855_16552222.jpg

↑風日祈宮。風の神をまつる別宮。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-09-29 13:49 | travel

お伊勢さんの旅⑤~大石屋のお食事~

b0112855_9305455.jpg

まちにまった旅館のお夕食です!!

お部屋での食事でしたので仲居さんが1つずつきっちりセットしてくださいました。

・食前酒  梅酒

・前菜   黒胡麻豆腐  湿地と柿の白和え  甘栗の渋皮煮 丸中の菊花絞り
       秋刀魚の甘辛煮  海老と胡瓜  銀杏人参の小串

・造り   鮪  鯛  ワラサ  車海老  雲丹  あしらい色々

・鍋    帆立 鯛 湯葉巻き 豆腐

・凌ぎ   てこね寿司

・酢の物  秋刀魚ともって菊の卯の花和え 

わたしはあまりお肉は好きでなくほとんどいただかないため、事前にお肉を外してほしいとお願いしてありました。

旅館でとっても配慮してくださって、本当なら前菜や鍋はお肉料理だったようですが、魚介などに変更してくださってどれもおいしくいただくことができました♪

特に『鍋』は黒毛和牛のしゃぶしゃぶだったそうですが、魚介と湯葉に変更してくださってありがたかったです(笑)。

しゃぶしゃぶだったら泣いてましたもの…。

このお鍋が魚介類のいいおだしがでていて、雑炊にして食べたくなってしまいました~(笑)。
   
b0112855_9312111.jpg

最初のお料理だけでもお腹がいっぱいになってしまいましたが、2回目お給仕でさらにこれだけ出てきました~!!

・蒸し物  茶碗蒸し

・揚げ物  海老の天麩羅  季節の野菜

・御食事  三重県産コシヒカリ 宮川流城米

・吸物   かに真丈  小松菜  渦巻き麩

茶碗蒸しも普段は鶏肉を入れるそうですが、鮪に変更されていました。

この茶碗蒸しは本当に絶品♪

お腹がちょっと苦しかったのが悔しいくらいにおいしかったです~☆

b0112855_9314868.jpg

3回目のお給仕でラストのデザートとなりました。

・水物   幸水   巨峰

お腹が苦しくてはぜそうです…(涙)。

どのお料理もとっても美味で食べすぎちゃいました!!

上げ膳据え膳だし、お腹もいっぱいだし、大きなお風呂にもう1度入って、ゆっくり眠れる…なんて贅沢な1日(笑)。

b0112855_9322018.jpg

さてさて、今度は一夜明けて朝食です。

旅館の朝食って少しずついろいろなものがでてくるのがいいですよねぇ。

こういった旅館の夕食はゴージャスで楽しみではありますが、わたしは朝ごはんがとっても楽しみ!!

休日の朝で時間のあるときには、小皿にいろいろな残り物を少しずつのせて『うち旅館ごっこ』の朝ごはんにしたりします(笑)。

旅館の朝ごはんってなんか元気がでてくるような気がしませんか?

さてさてこの朝ごはんでビックリしたのが温泉卵でした☆

なんと『赤いタレ』の温泉卵なのです!?

タレに梅酢を使っているのか…見た目の赤い色に驚きましたが、食べてみるととってもさっぱりしていて、一緒に入っていたメカブともマッチしていました。

しっかり朝ごはんを食べてエネルギー補給したので、今日はこれから内宮さんへお参りして、おはらい町・おかげ横丁へ行って楽しんできたいと思います♪
[PR]
by wasurenasumire | 2008-09-29 09:29 | travel

お伊勢さんの旅④~大石屋~

b0112855_9263554.jpg

こちらがお泊りする旅館です!!

夫婦岩の本当にすぐ近くのロケーションで、お部屋から海がばっちり見えました~☆

さらにうれしかったのは、お宿の中がすべて畳が敷きつめられているため、スリッパをはく必要がなかったこと。

靴下・足袋などでささっと歩けるのでとっても気持ちいい~♪

明治期に創業したという老舗旅館ですが、モダンな印象に…また木の素材を多く使ってナチュラル感たっぷりにリニューアルされていてよかったですよ☆

b0112855_92868.jpg

↑はお部屋の中。

2人で泊まるには広すぎるくらい、ゆったりとしたお部屋です。

わたしが泊まる5階はすべて禁煙フロアになっているため、タバコの臭いが気になることもなく気分よく過ごせます♪

お部屋の名前がすべて日本の色の名前なのもかわいくて、女性好みになっているんですよ~(笑)。

ちなみにわたしが泊まるお部屋は『浅葱』、お隣のお部屋は『月草』、そのお隣は『瑠璃』でした☆

また、フェイスタオルに無着色のものを使っていたり、木のお風呂になっていたりと、肌へのあたりがやわらかくてすごっく気持ちよかったですよ~!!

施設や設備についてはとっても大満足なので、お料理も待ち遠しいです(笑)。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-09-28 17:25 | travel

お伊勢さんの旅③~夫婦岩~

b0112855_92419100.jpg

伊勢神宮の内宮とおはらい町・おかげ横丁は明日じっくり見る予定なので、二見浦の夫婦岩へ参ることにしました。

夫婦岩は30メートル以上の太いしめ縄で結ばれた大小2つの海上に浮かぶ岩です。

夏至のころはこの岩の間から朝日が昇る様子も見られるのだとか。

あいにくと今日・明日ともに天気が悪く、朝日は楽しめそうにありませんが、きっときれいな朝日が昇ってくるのだろうなぁ…と思います。

お天気に恵まれなかったのがホント残念…(涙)。

この夫婦岩の近くに『二見興玉神社』があるのですが、その神社の鳥居の役目も夫婦岩が果たしているのだそうです。

『夫婦』に見立てたり『鳥居』に見立てたり…自然のものに対抗するのではなく、自分たちの暮らしの中に取り入れていく力ってこの国の誇るべき伝統なのだと感じます。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-09-28 16:23 | travel

お伊勢さんの旅②~伊勢うどん~

b0112855_9214667.jpg

伊勢名物の『伊勢うどん』を食べてきました♪

たまり醤油とだしを混ぜた真っ黒のタレと軟らかいコシのない太麺が特徴のご当地メニュー。

関西の方は黒いタレって嫌がるかもしれませんが、見た目ほどしょっぱくなく、食べやすかったですよ~☆

ただ、わたしが思う『うどん』という食べ物は麺が太くても細くてもコシのあるもの…というイメージなので、細く伸ばしたおだんごを食べているような感じで、麺というよりも『粉もの』という印象でした(笑)。

小麦粉でつくった“だんご生地”をお醤油で食べる…というのが近いかなぁ?

『うどん』と思うとどうも違和感が強くなってしまうのですが、これはこれ…と通常のいただく“うどん”から分けて考えた方がよさそうです☆

昔の人々は全国津々浦々から歩いてお伊勢参りに来たわけですから、こういったコシのないおうどんの方ががエネルギー補給や疲れた身体にとって消化にもよさそうだし、身体のためになったのかもしれませんねぇ。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-09-28 14:20 | travel

お伊勢さんの旅①~外宮~

b0112855_8272813.jpg

夏休みがあと2日まだ消化せずに残っていたため、伊勢神宮に参拝することにしました。

お伊勢さんに来るのははじめてでしたが、友人たちが言うには「ものすごいパワースポットだから」とのこと。

そりゃ確かに天照大神がまつられている神の都ですから、スピリチュアルパワーがあふれているのかも…というくらいに思っていたのですが、基本的には無宗教でほぼ信心もないようなわたしにはあんまりピンときていなかったんですよねぇ(笑)。

でも、実際にお参りしてみると神宮内には“厳かな空気”が流れていて、ピリッと背筋が伸びるような感じを受けました。

今日、行った伊勢神宮の外宮は天照大神のお食事を司る『豊受大神』をおまつりしているのだそうです。

衣食住をはじめあらゆる産業の神さま…ということで、これからも“豊かな暮らし”をおくることができるようにお祈りしてきました♪

↑の『御正殿』は唯一神明造の様式で明日お参りする内宮さんと同じつくりのようですが、外宮さんは鰹木や松の数などがすべて奇数のつくりになっているのだそうです(逆に内宮さんはすべて偶数のつくり)。

御正殿は近くで見ることができないのですが、茅葺の屋根の特徴的な建物でしたよ~!!

b0112855_8541610.jpg

↑風の神をおまつりする別宮『風宮』。神風を吹かせて日本をお守りくださった神さまです。

b0112855_8564331.jpg

↑大土乃御祖神をおまつりする別宮『土宮』。山田原の鎮守の神さまで外宮宮域の地主の神さまです。

b0112855_8592251.jpg

↑豊受大神の荒御魂をおまつりする別宮『多賀宮』。山の頂にあるため“高宮”と呼ばれていたそうです。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-09-28 13:25 | travel

写真集

b0112855_2091342.jpg

その人の“日常”や“暮らし”が透けて見えるような…そんな写真集が好きです♪

最近、そんなわたし好みな写真集に続けて2冊出会ったので、とっても幸せな時間を過ごしています(笑)。

1冊目が『ダカフェ日記』。

人気ブログ『ダカフェ日記』の写真とコメントを本としてまとめたものです。

写真を撮っているのがご主人で、奥さん(ヨメ)と娘(海ちゃん)と息子(空くん)の4人家族の暮らしを、穏やかに切りとっています。

この写真集を見ていると「家族ってやっぱりいいなぁ」とじ~んとしてしまうのですよ☆

それに、娘の海ちゃんや息子の空くんが日々成長していく様子も、かわいくってほんわかしてしまいます。

もちろん、日々子育てに奮闘しているパパの苦悩…も写しだされることもあり(笑)。

『朝起きて1番最初に見たもの』なんていうコメントがついて、飲み物がこぼれて部屋の中がひどいことになっている写真も載っています(笑)。

それでもきっと毎日毎日こどもたちにきちんと向き合って、家族の時間を大切にしているんだろうなぁ…と感じる写真ばかりです。

素敵な家族のポートレイトがつづられていて、“わたしも自分の家族を大事にしよう”と思えます。

日常に疲れてしまったときに…気持ちがちょっとささくれだっているときに…とってもおススメです!!

それから、もう1冊は『世界の朝時間』。

こちらも『朝時間.jp』という人気サイトの人気コーナーである“WORLD MORNING PHOTO CLIP”の写真を本にまとめたものです。

いろいろな国のいろいろな季節の朝の表情が楽しめます!!

それにおいしそうな朝ごはんも…(笑)。

元気に1日をはじめるために世界中からエネルギーをわけてもらえそうな本です♪

わたしは週の半ば、ちょっとエネルギー切れしてきたときに開いてみています。

今、この瞬間にも朝を迎えている国があり、そこにいる人たちも自分の居場所でちゃんとがんばっている。

だから“わたしもがんばろう!!”と思えるのです。

どちらの写真集もインターネット発ですが、と~ってもおススメです☆
[PR]
by wasurenasumire | 2008-09-23 20:01 | books

さつまいもとレーズンの野菜ジュースパン

b0112855_15473634.jpg

昨日、さつまいもの煮っころがしをつくったので、その余りを加えたさつまいものパンをつくってみました。

仕込み水として紫の野菜ジュースを使うことで、おいもの黄色がパン生地の紫に映えてきれいだろうなぁ…と思ったのです。

でも、やっぱり煮っころがしではおいもがちょっと軟らかかったようで、こねの間に完全に生地に混ざってしまい、おいもの姿がなくなってしまいました~(涙)。

おいもが混ざってしまったので、生地の紫色も薄くなり…う~ん、ぶどうパンとあまり代わりばえのしない色に…(沈)。

次回はおいもを煮っころがしでなく、レンジで硬めにチンして入れてみようと思います。

やっぱりある程度の硬さがないと、生地の中においもの形が残らないのですねぇ。

パンの焼けるいい匂いで目が覚めるのはとってもうれしいのですが、思っていたようにできなくてちょっぴりショックな朝となってしまいました~(泣)。


【材料】
・白神こだま酵母ドライ       5g
・30℃のぬるま湯         15g
・紫の野菜ジュース       130g
・春よ恋(国産強力粉)      250g
・てんさい糖             10g
・塩                   3g
・なたね油              15g
・さつまいもの煮っころがし    150g
・レーズン              50g

※このレシピは『ホームベーカリーで毎日焼きたて!元気パン 』を参考にしています。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-09-21 16:00 | breads

つるばら村シリーズ

b0112855_15131466.jpg

わたしはもともと“活字中毒かも?”というくらい本好きです(笑)。

ジャンル問わず、エッセイ・小説・ノンフィクション・コミックとなんでもござれの乱読状態。

とくにひとり暮らしをはじめてからは、テレビもパソコンも自室に置いていないため、娯楽がCDを聴くか本を読むかのどちらかしかありません(笑)。

というわけで、部屋のかなりのスペースが本置き場と化しています♪

さてさてそんなわたしなのですが、ここ最近の仕事が異常に忙しく、唯一の娯楽の『読書』に集中できないほど精神的に疲労していました(沈)。

ストレスからか“早く眠って疲れを癒そう”と思ってもなかなか寝つくこともできません。

そんなときに発見したのが、この『つるばら村シリーズ』です!!

児童書なのですが、あまりのイラストの可愛らしさについ立ち止まって手にとってみました☆

パラパラと見ていくとイラストに負けず、お話もとっても可愛らしいストーリーばかりなのです♪

短いお話が数話ずつ入っているのですが、『はちみつのパン』『どんぐりのパン』『三日月のパン』などそれぞれパンの名前がついたお話となっています。

つるばら村という自然いっぱいの村で宅配パン屋さんをはじめたくるみさんとお客さんたちとの交流譚なのですが、ほんわかふわふわの感触でおいしそうなパンの匂いが今にも漂ってきそう。

やさしいお話なので寝る前に1話ずつ読んで眠ると、脳の過興奮状態を抑えてくれるような気がします。

やわらかな毛布にくるまれているような感じ☆

大人が読んでも笑顔になれるとってもおすすめな本です♪
[PR]
by wasurenasumire | 2008-09-20 15:24 | books


ていねいで居心地のよい暮らしを目指して…管理人:水遊   コメントは承認制となっています♪反映までに時間がかかることをお許しください☆


by wasurenasumire

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

cafe
owner
seasons
farm
macrobiotic
cooking
sweets
breads
soba
drink
books
music
cinema
events
goods
travel

以前の記事

2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

最新のトラックバック

オーガニック についてー..
from オーガニック のお話
黒豆ダイエット 安田大サ..
from 芸能ニュース
黒豆ダイエット 安田大サ..
from 芸能ニュース
鉄分は摂りすぎ注意?  
from 鉄分を効率的に摂るなら~貧血..
朝ごはん食べた?★朝ごは..
from 推薦?各種料理レシピと料理の素
http://kanta..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
端午の節句の簡単料理レシピ
from 簡単料理レシピ情報ナビ
簡単料理レシピのアウトド..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
パーティで使える簡単料理..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
おもてなしの簡単料理レシピ
from 簡単料理レシピ情報ナビ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

monasaの信州草花通信
コトコトきっちん
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
ミケの「畑へ行こう!」
マレエモンテの日々
くらぶち日記
丁子色
ばーさんがじーさんに作る食卓
フーの気まぐれ日記
たろべえじゅ通信
食卓の風・・・
ちいさなKitchenより
chaud nori
ぬるぅい畑生活
フィレンツェ田舎生活便り2
おべんとにっき
Happy Time♪
AYAのかわいいお弁当&...
**FUWA*ふわ*FU...
私的ぽくぽく日記
LaClé*Une,De...
Elegance Style
江戸・東京ときどきロンドン
vege dining ...
マクロビギナー
キシノウエンの 今日のて...
マイケルと読書と、、
おいしい茶色生活
北イタリア自然派生活
妻がコーチングを学んだら...
「がまだし日記」
ビーガンですけど、何か?
やさい部
農村の風
-*arisu*- ca...
おいしい暮らし~maru...
ごはんの時間 ++気まぐ...
Country Life
kitchen
あわじしまっこ、フィレン...
今日の畑しごと(キシノウ...
ちゃちゃっとご飯@男子食堂
クスクスこんな日
野菜とお菓子のHAZKI...

木精占い

SQ Life 木精占い

ライフログ


私の作る郷土料理 (クウネルの本)


クウネルの本 伝言レシピ (クウネルの本)


クウネルの本 つづきまして伝言レシピ


昔ながらの行事と手仕事をたのしむ、十二か月のレシピ にほんの食ごよみ


鎌倉・不識庵の精進レシピ 四季折々の祝い膳


うーらのオーガニックレシピ手帖 (エンターブレインムック)


izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」


つけもの漬けよっ。


ホームベーカリーで毎日焼きたて!元気パン―持ち寄りやお招きに大活躍!ママ&キッズの簡単おうちパン (saita mook)


焼くだけのお菓子 (Home made club)


焼くだけのお菓子 vol.2


ホットケーキミックスでパパッと作れる!うちカフェおやつ―スコーン、ガトーショコラ、バーケーキ…人気のカフェおやつがすぐ作れちゃう! (別冊すてきな奥さん)


藤井恵さんちの卵なし、牛乳なし、砂糖なしのおやつ (主婦の友生活シリーズ―Comoブックス) (主婦の友生活シリーズ―Comoブックス)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧