<   2008年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

抹茶の葛流し

b0112855_7101423.jpg

この間またしても小豆を煮たので、小豆のスウィーツばかりが続いています(笑)。

やっぱり寒い時季は小豆のほっこりとした甘さが愛おしい♪

しかも今回は『抹茶と小豆』の和風最強コンビのスウィーツです!!

白玉団子を浮かべたり、暑い時季ならアイスをのせたり…とトッピングを増やせばパフェっぽくなりますね~☆

わたしはシンプルに白ごまをちょっとふってみました。

小豆の甘さと抹茶のほろ苦さとごまの香ばしさが…なんともたまりません(笑)。

レシピでは葛にも甘みをつけていましたが、わたしは餡子をたっぷり入れたのであえて葛には甘みを加えませんでした。

そのため葛の部分は抹茶の苦味が引き立ち、それとともに餡子の甘みも倍増されたみたい☆

なかなか大人なお味になりましたよ~(笑)。

また葛は寒天のようにプルンプルンには固まらず、トロリとして口あたりもやさしい感じです♪

ホント和のスウィーツは“日本人に生まれてよかったなぁ”と思わせてくれますね☆


【材料】
餡子      大さじ2
・葛粉      5g
・水       100ml
・抹茶      小さじ1/2(粉末緑茶でも代用可)
・白ごま     少々

【つくり方】
1 盛りつけ用の器の底に餡子を入れる。
2 小鍋に葛粉と水を入れて15分ほどおいた後、よくかき混ぜて葛粉を溶かす。
3 2に抹茶を入れてさらによく混ぜてから弱火~中火で加熱する。
4 木べらなどで絶えず練りながらとろみをつけ、全体が透き通ってフツフツと湧いてきたら火を止める。
5 4の粗熱がとれたら1にそっと流し入れ、室内でそのまま冷ますか、夏ならば冷蔵庫に30分ほど冷やす。
6 仕上げに白ごまをパラリとふってからいただく。

※このレシピはAll About 『和菓子』を参考にしています。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-12-17 19:29 | sweets

セロリの佃煮バルサミコ風味

b0112855_19143468.jpg

立派なセロリがお買い得価格で売られていたため、ついついお家に連れ帰ってきてしまいました(笑)。

セロリってこどもの頃は青臭い独特の臭いが苦手でしたが、最近は酢漬けにして食べたり、ドライカレーの具にしたり…よく食べる食材になりました♪

今回はうーらさまが紹介されていた佃煮に挑戦!!

バルサミコ酢を使っているので佃煮としての旨みもありますが、さっぱりとした味つけで野菜のおかずとしてもたっぷり食べられちゃうんですよ~☆

またネギの代わりに納豆に混ぜても美味しいです!!

わたしは辛いものが好きなので、生姜も唐辛子もいっぱい入れてつくりました。

最近『ごはんのおとも』的なおかずに心惹かれてしまいます♪

ごはんの美味しい季節だから、まぁ、しょうがないかなぁ~(笑)。


【材料】
・セロリ       1本
・生姜        2~3片
・唐辛子      1~2本
・ごま油       小さじ1
・バルサミコ酢   大さじ2
・みりん       大さじ1
・しょうゆ      大さじ1
・てんさい糖    小さじ1

【つくり方】
1 セロリの茎は薄切りに、葉はざく切りにする。
2 生姜は皮を剥いてみじん切りにし、唐辛子は小口切りにする。
3 小鍋にごま油と唐辛子・生姜を入れて弱火にかけ、香りがたったら1を入れて葉がしんなりするまで中火で炒める。
4 3にバルサミコ酢・みりん・しょう油・てんさい糖を順に加え、弱火で水分が少なくなるまで煮つめる。

※このレシピは『ooLife*オーガニックレシピ手帖*』を参考にしています。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-12-15 19:40 | cooking

にんじんミルクパン

b0112855_1824027.jpg

お野菜パンシリーズ・今回は『にんじんパン』を焼いてみました~♪

大きめのにんじんを使って100gをすりおろしに、残りを千切りにして生地に混ぜ込んでいます。

にんじんのあったかいオレンジ色がきれいに残り、大満足のできあがり☆

最初のこねの工程のときに「ちょっとにんじんを入れすぎたかなぁ」と心配したのですが、焼きあがりはふんわりとパンケースの高さにまで膨らんでくれました(笑)。

レシピ本では仕込み水にオレンジジュースを使っていますが、わたしは余っていた牛乳があったのでそれを利用♪

牛乳の甘みでにんじんの青臭さがやわらぎ、野菜パンといってもとっても食べやすくなりましたよ~!!

動物性を完全に外すなら豆乳に代えてもいいし、甘みをアップさせるならレシピのようにオレンジジュースやりんごジュースを使ってもいいなぁ。

お野菜パンシリーズはついついたっぷりと野菜を入れてしまうので、いつも具を入れすぎて“パンが膨らまないのでは”との不安との戦いになります(涙)。

それでも毎回懲りずに、レシピの倍量近く入れちゃうのですけれど…(笑)。

今度は何のお野菜パンを焼こうかな♪


【材料】
・白神こだま酵母ドライ       5g
・30℃のぬるま湯         15g
・低温殺菌牛乳          115g
・春よ恋(国産強力粉)      220g
・全粒地粉              30g
・てんさい糖             30g
・塩                    4g
・有機マーガリン           15g
・にんじん(大きめのもの)     1本(わたしが使ったのは170g弱のものでした)
 (100gはすりおろし、余りは千切りにします♪)

※このレシピは『ホームベーカリーで毎日焼きたて!元気パン 』を参考にしています。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-12-14 18:19 | breads

小豆と豆腐のムース

b0112855_22225555.jpg

木綿豆腐を1丁(400g)購入したのですが、今日までの賞味期限…(涙)。

あと100gほど残っていたので、休日出勤の疲れをとるため“豆腐スウィーツ”にして楽しむことにしました♪

このレシピはizumimirunさまが紹介されていた『小豆と豆腐のあったかムース』を参考に、さらにそこから手抜きをして3分でつくれる簡単スウィーツにしちゃいました~(笑)。

フープロがあればよりなめらかなムース状になると思いますが、わが家にはないのでただフォークで潰しただけ…(笑)。

それでも豆腐と餡子(市販の茹で小豆でもOK)とお好みでシナモンパウダーがあれば、すぐにつくれちゃうところがいいのですよ~☆

餡子とシナモンとの取り合わせも思っていた以上にGOOD!!

ほんのり甘くて乳製品ぽいクリーミーな食感が“甘いものが食べたいなぁ”という欲求にしっかり対応してくれます(笑)。

冷たいままでも小鍋でちょっと温めてもOKですので、季節問わずに楽しめそうですね☆

濃いめに入れた緑茶と一緒にいただいておうちで和カフェ気分が味わえました♪


【材料】
・木綿豆腐         100g
餡子            50g
・シナモンパウダー    お好みで

【つくり方】
1 小さめのボウルに木綿豆腐を入れ、フォークの背で潰してなめらかな状態にする。
2 餡子を1に加えてかき混ぜ、均一になったら器に盛る(温める場合は器に盛る前に小鍋に移し、火にかけてから盛りつける)。
3 お好みでシナモンパウダーをふる。

※このレシピは『vege dining 野菜のごはん 』を参考にしています。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-12-13 22:43 | sweets

水菜と糸こんの生姜酒蒸し

b0112855_21541850.jpg

叔父からもらった『水菜』を今日は調理することにしました~!!

水菜と糸こんの取り合わせでカロリーも低そうだし、生姜がたっぷり入っているので体もポカポカ温まるし…冬に嬉しいヘルシー料理です☆

レシピではラー油をかけて“中華風に”となっていましたが、わが家にはラー油を置いていないため七味唐辛子で代用してみました。

「コクがでなくてもの足りないかなぁ」と思っていましたが、生姜と七味唐辛子とごまの取り合わせで風味もよくなり、おかずとしてもおつまみとしても十分満足できる一品になりました♪

明日は休日なのにお仕事…(沈)。

たくさんできたのでお弁当のおかずにもしちゃうつもりでいます(笑)。


【材料】
・水菜       4束
・糸こんにゃく   1袋
・ごま油      ~小さじ1
・塩         ひとつまみ
・生姜       1~2かけ(大きめに)
・酒         大さじ1と1/2
・しょう油      大さじ1
・七味唐辛子   適量
・白ごま      たっぷり

【つくり方】
1 水菜は5cmくらいに切り、糸こんにゃくは洗って食べやすい長さに切る。
2 フライパンにごま油を熱し、糸こんにゃくを炒めて水分をとばす。
3 生姜をすりおろし、酒・しょう油と合わせておく。
4 2に水菜を入れて塩をふってから3を加えて蓋をし、2分蒸し煮にして大きくかき混ぜる。
5 お皿に盛って白ごまをたっぷりとかけて、さらにお好みで七味唐辛子をふる。

※このレシピは『うーらのオーガニックレシピ手帖 』を参考にしています。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-12-12 22:02 | cooking

青梗菜の柚子胡椒ナムル

b0112855_2271716.jpg

山梨に住む叔父からまたしてもお野菜をいろいろいただきました~!!

ダンボール箱の中に『青梗菜』と『水菜』と『白菜』がたっぷり♪

新聞紙にくるんで冷蔵庫に保管していますが、これで1週間のお弁当を含むおかず食材は十分です(笑)。

さてさて、今日は『青梗菜』と大好きな柚子胡椒を使ったナムルをつくってみました。

酢がしっかりと効いた酸っぱめの汁と、ごま油のコクがマッチしてすっごく美味☆

さらに最近その美味しさに目覚めた“柚子胡椒風味”というのも、わたし好みで感激しちゃいました!!

もらった青梗菜3株をすべてナムルにして食べきりました~(笑)。

つゆだくなので玄米に合わせて丼風にしてもGOOD♪

ホント柚子胡椒のピリ辛はお野菜の旨みをひきだしてくれますねぇ(笑)。


【材料】
・青梗菜      3株
・ごま油      小さじ1
・塩         ふたつまみ
・柚子胡椒    小さじ1
・ごま油      小さじ2
・純米酢      大さじ1と1/2
・白ごま      たっぷり

【つくり方】
1 青梗菜は食べやすい長さに切りる。
2 フライパンに1入れてごま油(小さじ1)と塩をふり、蓋をして強火で2分蒸し煮にする。
3 ひと混ぜして弱火に落とし、1分蒸し煮にしてからボウルに移す。
4 柚子胡椒とごま油(小さじ2)・純米酢を合わせて調味液をつくる。
5 3に4を入れてざっと混ぜ、冷蔵庫で1時間ほど冷やしてから白ごまをたっぷりかける。

※このレシピは『うーらのオーガニックレシピ手帖 』を参考にしています。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-12-11 22:37 | cooking

ブロッコリーのマリネ風

b0112855_20245685.jpg

ブロッコリーは茹でて辛子しょう油でいただくことがほとんどで、ピリ辛のその味が気に入っていました。

でも、ひとり暮らしだとその食べかただけではつい飽きてしまうんですよね~(笑)。

あんまり調理法の幅がなく(わたしの勉強不足ですが…涙)、ブロッコリーすべてを美味しく食べきれる自信がありませんでした。

ちょっといただくだけなら『おいしい!!』って思えるのですが、1房買うとなるとなかなか購入する気にならない食材だったのです…(泣)。

みるまゆさまのブログでこのお料理を見た時にも「茹でただけ?」と思ってしまったのですが、たまたまブロッコリーを実家で分けてもらったところだったのでチャレンジしてみました(笑)。

“ブロッコリーの調理法が増えたらいいな”というくらいの軽い気持ちで、実際のところあんまり期待していなかったというのが正直な気持ちだったのですが…(汗)。

しか~し、実際につくって食べてみるとその美味しさにビックリ!!

お塩がブロッコリーの旨みをたっぷり引き出してくれますし、ごま油とお酢の絶妙の味つけにも脱帽☆

“シンプルなお料理なのにこんなに美味しいなんて”と自分の認識の甘さを激しく反省しちゃいました…(沈)。

このマリネならブロッコリー1房くらい軽~く食べきれちゃいます♪


【材料】
・ブロッコリー 1房
・ごま油     大さじ1/2
・純米酢    大さじ1
・塩       小さじ1/2

【つくり方】
1 ブロッコリーは食べやすく切り分けて、好みの固さに茹でる。
2 ごま油・純米酢・塩を混ぜてマリネ液をつくる。
3 1を2で和える。

※このレシピは『おだんごカフェ@体に優しいナチュラルレシピ 』を参考にしています。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-12-10 21:18 | cooking

柚子皮の佃煮

b0112855_19223952.jpg

週末に行きつけのファーマーズマーケットで柚子が袋にいっぱい入って売られていました。

いつもお吸物の吸い口にちょっと使って、多くを柚子湯にして楽しんでいたのですが、今回は初の佃煮に♪

というのも、うーらさまのブログで紹介されていた『柚子皮のハニー佃煮』がとってもおいしそうだったから…(笑)。

“甘辛に煮つけた柚子の皮ってどんな味になるのかなぁ”と興味津々でつくってみました。

『はちみつ』も『メープルシロップ』も家になかったため、甘みは『てんさい糖』で代用。

うーらさんの佃煮よりもどす黒い色になってしまいましたが、すご~くおいしい佃煮ができました~!!

柚子の香りと甘辛の味つけが絶妙で、お弁当に持っていくとお昼が楽しみでそわそわしてしまいます(笑)。

この佃煮…絶品です~☆


【材料】
・柚子        5個
・てんさい糖    大さじ2
・みりん       大さじ2
・酒         大さじ2
・しょうゆ      大さじ3
・水         大さじ4

【つくり方】
1 柚子はよく洗って横半分に切り、果肉を絞ってから内側の白い皮をスプーン等でこそぎ取る。
2 1を3mmくらいの千切りにし、熱湯で10分茹でて水を切る。苦味をとるために、さらにもう1度同じように茹でこぼす。
3 小鍋に2とてんさい糖・みりん・酒・しょう油・水を入れて中火にかけ、ふつふつしたら弱火に落として煮汁がほとんどなくなるまでコトコト煮る。

※このレシピは『ooLife*オーガニックレシピ手帖*』を参考にしています。
[PR]
by wasurenasumire | 2008-12-09 19:56 | cooking

焼きカレー

b0112855_1573966.jpg

数日前のテレビで紹介されていた“福岡県の名物・焼きカレー”♪

カレーは1人分つくることがと~っても難しく、1回つくるとだいたい2~3日は続けて食べています(笑)。

そのため、どれほど食べたくてつくったカレーでも、最後の方になると「しばらくカレーはもういい…」という気持ちになってくるのでした(涙)。

今回も「あともうちょっとあるけど…どうしようかなぁ」と食べきれずに困っていたところで、上戸彩ちゃんが人生最期の日に食べたいものとして『焼きカレー』を紹介していたのを発見!!

『カレーを焼く』という発想に初めて触れ、新鮮な驚きを感じました。

でも考えてみれば、シチューを焼いてグラタン風にしたり、ごはんにかけてドリアにしたりと、気軽にアレンジしますものね♪

なので、シチューの仲間のカレーも『焼く』という調理法によって、絶対に美味しいものになると確信し、さっそく残り物のカレーでチャレンジ!!

見よう見まねでつくったので、本場の焼きカレーとは違うかもしれませんが、出来立ての熱々をハフハフしながらいただきました(笑)。

う~ん、美味しい~!!

卵とチーズでカレーの辛味が多少マイルドになり、焼くことでちょっぴり香ばしくもなって“カレーライス”とはまた別の美味しさを味わえます☆

カレーの新しいアレンジ方法を知ったので、これからは最後まで飽きずに食べきれそうです(笑)。


【材料】
・ごはん              お茶碗軽く1杯分
・カレー               1食分
・卵                 1個
・とろけるチーズ(スライス)   2枚

【つくり方】
1 ごはんをお皿に平たく盛り、上にカレーをかける。
2 中央にポケットをつくり、その中に卵を割る。
3 上にスライスチーズをのせて、オーブントースターで5分ほど焼く。

注)残り物のごはんやカレーを使う場合は、温めてからお皿に盛ってくださいね♪
[PR]
by wasurenasumire | 2008-12-08 15:37 | cooking

20代・最後の1日

b0112855_212584.jpg

実は今日で“20代”が終わってしまうのです(笑)。

明日が30回目の誕生日で…そうなんです!!明日からは三十路の仲間入り☆

“どんな30代を過ごしていくのだろう”と今からとってもドキドキしています♪

思えば10年前、20歳になる時がわたしの人生史上(笑)最も苦しい時期でした…(泣)。

自分の生きていく方向が定まらず、どんな未来も想像できなかったし、人生の羅針盤が狂ってしまったような感覚に悩まされていました。

“どうやって生きたらいいのか”“どこを目指して進んだらいいのか”“わたしの生きる意味って何だろうか”と迷いに迷って頭の中でグルグルしていた時だったんですよねぇ(涙)。

う~ん、今もう1度思い出してもあの時期は辛かった…(沈)。

普段はなかなか思うように成長しないわが身の不甲斐なさに、『ハァ』とため息ばかりこぼれますが、こうやって10年をひと括りにして振り返ってみると、あの時の自分の立ち位置からはずいぶん遠くまでてくてくと日々歩いてきたものだと思えます☆

20代の幕開けは霧の中にいるようで先が見えませんでしたが、途中から自分の進むべき道が見えるようになり、30歳直前の今は“どんな自分になりたいか”“どんな暮らしをしていきたいか”という自らの人生に対してのピジョンがだいぶクリアになってきました。

だからこそ、これからの30代がとっても楽しみでもあるのです♪

この10年でどんなふうに変わっていくんだろう、また変えずに残っていくのは何だろう…と自分自身に対しての興味がフツフツと湧いてきます(笑)。

年を重ねることがあまり肯定的にとらえられない現代ですが、生きた分だけ自分自身と自らの人生に誇りがもてるような生き方ができたら、加齢は決してマイナスにはならないですよねぇ。

三十路とはいってもまだまだ中身はお子ちゃまの域を脱していないので(笑)、これからの10年では心身ともに『大人の女』を目指したいなぁ…というのが大きな目標です。

そして最終的な夢は“穏やかでやさしいおばあちゃん”になること。

家族や友人を見つめる目も…暮らしや自然を見つめる目も…そして時間や人生を見つめる目も“穏やかでやさしい”おばあちゃんになりたいのです☆

さあ明日からの『成熟の三十路』をたっぷり楽しんで、夢のおばあちゃんに1歩ずつ前進していきたいと思っています♪


※写真はミントblueさまからお借りしています♪
[PR]
by wasurenasumire | 2008-12-07 22:14 | owner


ていねいで居心地のよい暮らしを目指して…管理人:水遊   コメントは承認制となっています♪反映までに時間がかかることをお許しください☆


by wasurenasumire

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

cafe
owner
seasons
farm
macrobiotic
cooking
sweets
breads
soba
drink
books
music
cinema
events
goods
travel

以前の記事

2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

最新のトラックバック

オーガニック についてー..
from オーガニック のお話
黒豆ダイエット 安田大サ..
from 芸能ニュース
黒豆ダイエット 安田大サ..
from 芸能ニュース
鉄分は摂りすぎ注意?  
from 鉄分を効率的に摂るなら~貧血..
朝ごはん食べた?★朝ごは..
from 推薦?各種料理レシピと料理の素
http://kanta..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
端午の節句の簡単料理レシピ
from 簡単料理レシピ情報ナビ
簡単料理レシピのアウトド..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
パーティで使える簡単料理..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
おもてなしの簡単料理レシピ
from 簡単料理レシピ情報ナビ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

monasaの信州草花通信
コトコトきっちん
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
ミケの「畑へ行こう!」
マレエモンテの日々
くらぶち日記
丁子色
ばーさんがじーさんに作る食卓
フーの気まぐれ日記
たろべえじゅ通信
食卓の風・・・
ちいさなKitchenより
chaud nori
ぬるぅい畑生活
フィレンツェ田舎生活便り2
おべんとにっき
Happy Time♪
AYAのかわいいお弁当&...
**FUWA*ふわ*FU...
私的ぽくぽく日記
LaClé*Une,De...
Elegance Style
江戸・東京ときどきロンドン
vege dining ...
マクロビギナー
キシノウエンの 今日のて...
マイケルと読書と、、
おいしい茶色生活
北イタリア自然派生活
妻がコーチングを学んだら...
「がまだし日記」
ビーガンですけど、何か?
やさい部
農村の風
-*arisu*- ca...
おいしい暮らし~maru...
ごはんの時間 ++気まぐ...
Country Life
kitchen
あわじしまっこ、フィレン...
今日の畑しごと(キシノウ...
ちゃちゃっとご飯@男子食堂
クスクスこんな日
野菜とお菓子のHAZKI...

木精占い

SQ Life 木精占い

ライフログ


私の作る郷土料理 (クウネルの本)


クウネルの本 伝言レシピ (クウネルの本)


クウネルの本 つづきまして伝言レシピ


昔ながらの行事と手仕事をたのしむ、十二か月のレシピ にほんの食ごよみ


鎌倉・不識庵の精進レシピ 四季折々の祝い膳


うーらのオーガニックレシピ手帖 (エンターブレインムック)


izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」


つけもの漬けよっ。


ホームベーカリーで毎日焼きたて!元気パン―持ち寄りやお招きに大活躍!ママ&キッズの簡単おうちパン (saita mook)


焼くだけのお菓子 (Home made club)


焼くだけのお菓子 vol.2


ホットケーキミックスでパパッと作れる!うちカフェおやつ―スコーン、ガトーショコラ、バーケーキ…人気のカフェおやつがすぐ作れちゃう! (別冊すてきな奥さん)


藤井恵さんちの卵なし、牛乳なし、砂糖なしのおやつ (主婦の友生活シリーズ―Comoブックス) (主婦の友生活シリーズ―Comoブックス)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧