<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

雑穀やさい教室 NO.17

b0112855_1923274.jpg

雑穀の教室に行ってきました~!!

連休の中日だけあって、お教室への通学路であるわが街のメインストリートはなかなかのにぎわい。

お散歩兼街ブラを久しぶりに楽しみながら、お教室へ向かいました♪

今日はちょっと気持ちがノリノリで(笑)、午前中にお部屋の大掃除も決行!!

溜め込んでいたいろいろな物を処分して、お部屋もこころの中もすっきりさわやかになりました☆

やっぱり雑然としたお部屋にいると、外から帰ってきてもリラックスできないし、やる気も湧いてこないですものねぇ…。

久しぶりに学生時代のお友だちにお手紙でも書いてみようかなぁ…なんてウキウキしながら考えています♪

さてさて、今回のメニューは

              ・粟入り小松菜と湯葉のうま煮
              ・蒸しブロッコリーと蓮根のひじき胡麻ソース和え
              ・春雨入り白菜とクレソンのスープ
              ・きざみしば漬け和え黒米ごはん

                                             の4品。

今回のわたしのお気に入りは『粟入り小松菜と湯葉のうま煮』です!!

粟と湯葉でトロ~リとした卵みたいな食感になり、とってもやさしい口あたり♪

小松菜もクタッとしないように火にかける時間を調節し、フレッシュな部分をちゃんと残すことがポイントとのことでした☆

先生に教えてもらったときは「なるほど~!!」と思うのですが、お家で再現できないところが難点なんですよねぇ(笑)。

そうそう、ここ最近のお教室ではスウィーツがつくことが多かったのですが、今回は残念ながらナシ(涙)。

その代わり今日は家に帰ってからの『餡子づくり』という一仕事が残っています!

明日ぼたもちをつくる予定なので、今夜そのための餡子を仕込んでしまうつもりでいるのです♪

スウィーツがなかったから…という理由で、餡子をつくりながら“もうちょっとだけ”と味見しすぎちゃう自分が想像できます(笑)。
[PR]
by wasurenasumire | 2009-03-21 19:47 | macrobiotic

ツナと野菜たっぷりのドライカレー

b0112855_18445965.jpg

昨日の午後から久しぶりのカラリとしたお天気になっています。

今年は桜前線が北上するのが早いのでしょうか…わたしの住んでいる地域ではソメイヨシノもちらほらと咲き始めました☆

桜が大好きなわたしとしてはこれから楽しみな季節で、久しぶりに今年はお花見にも行きたいなぁ♪

さてさて今日は父の65回目の誕生日…なのですが、わたしの一存で夕食は『ドライカレー』になりました(笑)。

わたしがつい「ドライカレーが食べたいなぁ」とこぼしたのを、目ざとく母が聞きつけ「水遊がつくってくれるの?」と鋭いツッコミが…(汗)。

「つくるのはやぶさかじゃないんだけど、せっかくお父さんの誕生日なんだし、お父さんの好きなものの方がいいんじゃないの?」と言ってみたものの、「大丈夫!!お父さんは愛娘のつくったものが1番いいんだから」と母に丸め込まれてしまいました(泣)。

そんなこんなで、父の誕生日だというのに夕食は質素にドライカレーになりました(笑)。

“ごめんね~お父さん”とこころの中で謝りつつ、食べたかったドライカレーに満足・満足♪

自画自賛で申し訳ないのですが、わが家のドライカレーはとても簡単だし美味しいですよ~!!(照)

ぜひぜひお試しあ~れ☆


【材料】
・セロリ     1本
・ピーマン    4~5個
・玉ねぎ     1個
・にんじん    1本
・ツナ缶     1缶(油漬けのもの)
・にんにく    2片
・生姜      1/2~1個
・塩        小さじ1/2~
・胡椒      少々~(お好みで)
・カレー粉    大さじ1
・ソース     小さじ2~大さじ1

【つくり方】
1 セロリ・ピーマン・玉ねぎを大きめのみじん切りにし、にんじんは摩り下ろしておく。
2 フライパンにツナ缶を油ごと入れ、にんにくと生姜を擦って加える。
3 火をつけて2を加熱し、全体に火が通ったらにんじんを加えて炒める。
4 3にセロリ・ピーマン・玉ねぎも加えて炒め合わせ、1度塩・胡椒で調味してからカレー粉を入れる。
5 さらにソースを隠し味程度に加えて全体をよくかき混ぜ、味を見ながら再度塩・胡椒で味を調える。
[PR]
by wasurenasumire | 2009-03-15 19:22 | cooking

働く女性の自分磨き@来・て・こ

b0112855_2034258.jpg

来・て・こで行われていた『働く女性の自分磨き講座』の最終回に行ってきました~!!

1月末から4回にわたって『食』『お金』『こころ』の3つのテーマの講座を受け、最終回の本日はちょっとした持ち寄りパーティ風の交流会が開かれました。

それぞれのテーマについてその道のプロフェッショナルである講師の先生から中身の濃~いお話をうかがうことができ、本当に滅多にない素晴らしい機会となりました。

最終回を迎えたのを機にちょこっとだけこの講座での学びを自分なりにまとめておきたいと思います♪

初回は『食』がテーマで自らの生活を振り返るために、はじめて“時間簿”なるものをつけるワークを行いました。

毎日毎日ただなんとなく暮らしてしまうことも多いのですが、“時間簿”をつけることで改めて自分が1日をどのように過ごしているのかが顕著に表れていました…(汗)。

特に驚きだったのは1日の24時間の中で“仕事”と“睡眠”に費やす時間がかなり多いこと。

さらにそれ以外の時間でも食事・入浴・掃除や洗濯等の家事といった『しなければならないこと』のために費やす時間も多く、自分が思っている以上に“わたしが自由に使える時間”は本当に限られているんですよねぇ。

そんな貴重な“自由に使える時間”を普段は意識することもなく、時間が無限にあるような気になっていたのかもしれません。

『わたしの時間』は有限なんだということに気づき、ただなんとなく過ぎてしまっていた時間をもっと意味のある時間として質を高めていきたいなぁ…と思いました。

現代を生きるわたしたちは仕事に家のことに、また人づき合いにとタフに暮らしを楽しみたいと願っている人が多いのではないでしょうか。

時間の質を高めるために、さらに暮らしの満足度を高めるためにはやっぱり心身が健康であることも重要なポイント。

講師の先生が「“食べた物が自分の体をつくっている”と感じられれば食べ方が変わるはず」とおっしゃっていましたが、『食べることは生きること、食べ方は生き方にも通じる』ことを再確認し、やっぱり“食”の世界の奥深さを改めて実感できました☆

2回目は『お金』がテーマで、ファイナンシャルプランナーの先生からお話をいただきました。

自分とお金とのつき合い方について振り返るため“気持ちよくお金を払えた時”“あとで後悔したお金の使い方”を思い出したり、しあわせな小金もちになるための自己チェックなどのワークを行いました。

その結果わたしはあまりお金に関するストレスはないタイプみたい(笑)。

確かに友人が○○を持っているから「わたしも○○を買いたい」とは思わないし、買い物で見栄を張ってしまうということもあまりないので…そういう結果になるのかなぁ。

コンビニのお菓子とかちょこちょこと後悔するようなお金の使い方はあるのですが(笑)、気持ちよくお金を払っている場面も多いことに気づきました。

今後はさらにワクワクする気持ちでお金を使えたり、感謝の気持ちで買い物ができるような場面を増やしていけたらいいなぁ…と思っています。

3回目は『こころ』がテーマでライフコーチの先生によるコーチングの講座でした。

「仕事」「経済」「健康」「家族」など様々な側面から今の自分の満足度をはかり、他の参加者さんたちと共有したり、“ありのままの自分”と“なりたい自分”をそれぞれ漢字一字で表現してみたり…と今の自分を見つめ新たな自分に気づくためのワークを行いました。

“こうなりたいな”という夢の自分像というのはあるのですが、なかなかそこに近づけないもどかしさを感じていたわたしにとっては「なるほど~」と思えるお話が多く、とっても参考になりました!!

特にこころに残ったのは『素の自分』から『夢の自分』へといきなりモデルチェンジできないし、素の自分を完全否定してしまうのは悲しいこと…といった内容のお話で、その2つの重なり合った部分にこれからの自分像を置くとよいのだとか。

『素の自分』と『夢の自分』の調和した姿に思いをはせることが大事であり、そのためにちっちゃな1歩でも『行動することが最強のアファメーションになる』のだそうです。

スモールステップよりもさらに小さなベイビーステップで、少しずつ少しずつアクションを起こしていくことの大切さを学びました。

そして最終回の本日になるのですが、今回は『持ち寄り卒業パーティ風』で講師の先生を交えて参加者同士の交流を図りました♪

わたしは持参予定だった黒豆煮を失敗してしまったので、ホームベーカリーで『にんじんりんごパン』をつくって持って行きました。

以前つくったことのある『にんじんミルクパン』の仕込み水を牛乳→りんごジュースに変更したもので、全自動なホームベーカリーにすべておまかせだったのですが、みんなに「おいしいよ~」と言ってもらえて嬉しかったです(照)。

この講座は20~30歳代の女性限定だったので、それぞれの方が持ち寄ったものはどれもおしゃれでかわいくて、みなさんがおススメの新たな美味しいお店の情報もゲットできました(笑)。

また手づくりでチョコレートケーキやマドレーヌを焼いてきてくださる方もいらっしゃり、「つくり方をぜひぜひ教えてください~!!」とお願いしたいような持ち寄り品も多くて感激☆

今までの3回の講座の中で2人組みでのワークや同じグループの方々とシェアする時間をたっぷり設けてもらっていたので、すでに多くの方々とお馴染みさんになれていてお話もすご~くはずみました♪

最後に来てこの館長さんから素敵なプレゼントがあり、この講座の同窓会を来年度以降も開いていけるようになりました。

素敵な講師の先生とともに、それぞれ輝いている参加者の方々にお会いできて本当に嬉しかったなぁ♪

“これからも素敵なご縁がつながっていくといいなぁ”と思える講座で、参加して本当によかったです☆

講師の先生方、参加者のみなさん、そして主催の来てこの職員さんたちに心からのお礼を…。

みなさん、本当にありがとう~!!


※写真はミントblueさまからお借りしています♪
[PR]
by wasurenasumire | 2009-03-11 23:33 | events

黒豆煮

b0112855_19454586.jpg

明日は来てこで行われている『働く女性の自分磨き』という講座の最終回です。

4回コースのため1月末からほぼ隔週で開催され、毎回楽しみに通っていました

最終回まで本当にあっという間でしたが、明日は茶話会形式で参加者同士の交流をする時間となりました。

そこで前回の講座の時に講師の先生からお題がひとつ。

『1人1品ずつ自分の好きな食べ物を持ち寄ること』

わたしは食いしん坊で食べることが好きだし(笑)、好きな食べ物もいっぱいあるので“何を持っていこうかなぁ”とワクワクしながらずっと考えていました。

持ち寄りのパーティって、「あなたは主食」「あなたはおかず」「あなたは甘いもの」と分けなくても、ちゃ~んとそれぞれの人が持ってきてくれる1品ずつでバランスがとれるようになっているんですよね~。

いろいろな人がそれぞれに好きなものを持ってくるだけで“バランス”がとれる…って、やっぱり個々人の多様性のおもしろさが反映されているからでもあるのだろうと感じます。

だから、あんまりあれこれ考えすぎずにひらめきで決めてしまった方がいいような気になって、「そうだ!黒豆を煮て持っていこう」と思いました。

わたしは豆類がとても好きで、とくに甘い味つけのお豆は大好き♪

黒豆や小豆は定番だし、金時豆やうぐいす豆も美味しいですよね~☆

枝豆も甘く味つけして“ずんだ餡”にしちゃったことがあります。

そしてまだ自分では挑戦できていませんが、お豆の女王様的存在の花豆も大好きです!!

わたしの将来の目標のひとつに『花豆を上手に煮ることができるおばあちゃんになりたい』という目標があるくらい(笑)。

という経過で持ち寄りの1品を黒豆煮にしたのですが、今回は講座の参加者さんに召し上がっていただくため「たっぷり目につくろう」と欲張り、さらに「見栄えよくふっくらシワなしでつくりたい」と重曹を入れてみたのです。

ここからが悲劇の始まりでした~(涙)。

たぶんみなさまのご想像通りで…黒豆の甘い煮汁がガス代の上にドバ~ッと噴いちゃったのです(沈)。

ものすご~く後片づけが大変なことになってしまい、またなんとか食べられるものの大豆を感じさせる歯ごたえたっぷりの黒豆煮になってしまったこともショック(泣)。

やっぱり欲をかいたり、いいところを見せようとすると痛い目にあうなぁ…と身にしみました(笑)。

この黒豆煮ではとても明日の講座に持っていくことができないので、ぼちぼちと自分で食べていくことにします。

ゴリゴリお豆だけど大好きな黒豆には違いないし、ヨーグルトを買ってきて『黒豆ヨーグルト』にしようかな♪

いろいろな方におススメしてもなかなか信じてもらえませんが、ヨーグルトと黒豆ってとても合うのですよ~!!

美味しいのでぜひぜひお試しあれ☆


【材料】
・黒豆      250g
・水        6カップ
・てんさい糖  200g
・塩        小さじ1/2
・しょう油     小さじ2
・重曹      小さじ1/4(入れる場合は)    

【つくり方】
1 黒豆はやさしく洗いザルにあげて水気を切っておく。
2 圧力鍋に水・てんさい糖・塩・しょう油(・重曹)を入れ、火をつけ煮汁をつくる。
3 煮汁が沸騰したら黒豆を圧力鍋の中へ入れ、そのまま一晩つけておく。
4 再度加熱してアクを丁寧にとり、フタをして中火にかける。
5 錘がまわり始めたらとろ火にし、8~10分ほど煮る。
6 時間がきたら火をとめ、そのまま半日ほど冷ましておく。

注)黒豆は空気に触れるとシワがよるといわれます。熱がとれるまでフタは取らない方がよいでしょう。また圧力鍋の場合はその圧力鍋の大きさや製品により適量があるようです(わたしの鍋は鍋の1/3以下の分量にするように書かれていました…涙)。安全のために必ずその指示に従ってくださいね~♪
[PR]
by wasurenasumire | 2009-03-10 19:42 | cooking

カフーを待ちわびて

b0112855_20335183.jpg

水曜日は『ノー残業デー』なのでいつもだいたい早めに帰宅することができます。

今日は最寄駅より一駅先まで足を伸ばし、レイトショーの映画を見て帰ってきました♪

シネ・ギャラリーという小さな小さな映画館なのですが、おもしろい映画を上映することが多く、昨年からよく利用していました。

さらに今年からこの映画館の会員になったので、平日だと会員割引で1000円で映画が楽しめることもあり、見たい映画をチェックしては仕事帰りに立ち寄るのが最近の楽しみとなっています☆

今日は『カフーを待ちわびて』という邦画(しかもラブストーリー…照)を見てきました。

先月ちらしを見て、沖縄の小さな島を舞台にした物語だと知り、“きれいな海や景色が楽しめたらいいな”“のんびりまったりと流れていく沖縄時間を感じられたらいいな”と興味をもち、チェックしていた映画です。

俳優さんやストーリーにはあまり期待していなかったのですが、思っていた以上に素敵な映画で見終わった後にじんわりとこころが温まりました☆

現在『天地人』の上杉影虎役で出演中の玉山鉄二くんが主演なのですが、この映画で玉山くんの評価が天地ひっくり返るほど急上昇してしまいました~(笑)。

天地人での役柄は美形で頭もよくて芸術的なセンスもあって、さらに家臣への心配りもできて…と言うことナシのスーパースター。

まぁ人質として様々な家をたらい回しにされ、不遇な幼少時を過ごした…といったところに、影虎の満たされない気持ちや悲しさがあるのですが、それにしても人間的にはほぼパーフェクトで天が二物も三物も与えたような人なのです。

でも天地人を見るたびに「この人って全然魅力的じゃないなぁ」と感じていて、それは演じている玉山くんのせいだとばかり思っていました(←玉山くんファンの方、ごめんなさい…涙)。

しか~し、それが濡れ衣だったということが今回よくわかりました!!

この映画の明青役の玉山くんはとてもいい味をだしていて、影虎の魅力のなさは彼の演技力のなさからくるのでは?と疑っていたのが、わたしの大いなる勘違いだったと気づいたのです…(沈)。

ヨレヨレの服を着て無精ひげを生やし、髪はぼさぼさでユルユルと暮らしている明青はまったく女性にモテないのですが、影虎と180度異なるその姿が妙に彼とマッチしていました(笑)。

こころ優しくておばあっ子で小さな島が大好きで、繊細で傷つきやすくて…だから真正面から人と向き合うことが苦手で。

明青の優柔不断なところや大切な局面で逃げてしまうずるさが、ちょっと自分と重なり身につまされるところもありました(笑)。

ストーリーは明青のピュアな恋愛と島のリゾート開発問題、そこに幼い頃に出て行った明青のお母さんの話が絡まりあって進んでいくのですが、多少のいざこざやトラブルがあっても根底にはまったりとした時間が流れていて、どの人も温かみがあって人間臭くて…本当にやさしい気持ちになれるよい映画でした~♪

特に印象に残ったのが明青の『島のみんながしあわせなら自分もしあわせ』という言葉。

そしてヒロインの幸さんが言う『明青さんがしあわせならわたしもしあわせ』という言葉です。

“しあわせ”ってきっと自分ひとりだけでは成り立たないもの。

誰かとの関係性の中で、もっと拡大すればこの地球上のさまざまな要素との関係性の中にこそ、成り立つものなのだということを改めて感じられる言葉だと思いました。

以前はこういったベタな言葉を聴くと『あなたがしあわせならわたしもしあわせ』と思えるような“あなた”に出会えること自体ありえないし、それこそが奇蹟だと考えていました。

だからこういうお話に対して“こんなの夢物語だよ”と冷めた目で見てしまっていたんですよねぇ…(泣)。

でも今は少し考えが変わってきて、わたしが努力しなかったり素通りしているだけで、その“あなた”にはすでに出会っているんじゃないかなぁ…と思えるようになりました。

今までわたしは自分のことに精一杯で、自分の牙城を守ることに固執し過ぎていて、ひたむきに誰かと深く付き合う努力をサボってきたように思うのです。

手をかけたものだから、時間をかけたものだから愛しいのだと『星の王子さま』の一節にも確かあったはず。

『あなたがしあわせならわたしもしあわせ』と思えるくらいの関係性を丁寧に結んでこなかったから、そんな“あなた”に出会えることなんかないと悲観していたんですよねぇ…(沈)。

でもこれからは今、手の中にあるご縁や人間関係を大切に育てて、『あなたがしあわせならわたしもしあわせ』と思える“大切なあなた”ができたらいいなぁ…と思うようになりました。

表面的には仕事柄どんどん人馴れして、人間関係もうまくやっているように見えるのに、内心では『人づき合い』に対していつまでも臆病で一歩引いてしまっているわたしからそろそろ卒業したいです(笑)。

“大切な人”って目の前に突然現れるのではなくて、きっと重なりあった時間の中でお互いに育んでいくもの。

ようやくそんなスタートラインに立てるくらいまで、まわりを見まわせることができるようになってきました。

『あなたがしあわせならわたしもしあわせ』

そんなふうに思える“あなた”が多いほど、きっと毎日がキラキラとしあわせの光に包まれるように思います。

すぐには変われなくても少しずつ少しずつ、手をかけて時間をかけて大切に…出会った人たちとの関わりを育んでいけたらというのが目下わたしの目標です☆
[PR]
by wasurenasumire | 2009-03-04 22:44 | cinema


ていねいで居心地のよい暮らしを目指して…管理人:水遊   コメントは承認制となっています♪反映までに時間がかかることをお許しください☆


by wasurenasumire

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

cafe
owner
seasons
farm
macrobiotic
cooking
sweets
breads
soba
drink
books
music
cinema
events
goods
travel

以前の記事

2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

最新のトラックバック

オーガニック についてー..
from オーガニック のお話
黒豆ダイエット 安田大サ..
from 芸能ニュース
黒豆ダイエット 安田大サ..
from 芸能ニュース
鉄分は摂りすぎ注意?  
from 鉄分を効率的に摂るなら~貧血..
朝ごはん食べた?★朝ごは..
from 推薦?各種料理レシピと料理の素
http://kanta..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
端午の節句の簡単料理レシピ
from 簡単料理レシピ情報ナビ
簡単料理レシピのアウトド..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
パーティで使える簡単料理..
from 簡単料理レシピ情報ナビ
おもてなしの簡単料理レシピ
from 簡単料理レシピ情報ナビ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

monasaの信州草花通信
コトコトきっちん
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
ミケの「畑へ行こう!」
マレエモンテの日々
くらぶち日記
丁子色
ばーさんがじーさんに作る食卓
フーの気まぐれ日記
たろべえじゅ通信
食卓の風・・・
ちいさなKitchenより
chaud nori
ぬるぅい畑生活
フィレンツェ田舎生活便り2
おべんとにっき
Happy Time♪
AYAのかわいいお弁当&...
**FUWA*ふわ*FU...
私的ぽくぽく日記
LaClé*Une,De...
Elegance Style
江戸・東京ときどきロンドン
vege dining ...
マクロビギナー
キシノウエンの 今日のて...
マイケルと読書と、、
おいしい茶色生活
北イタリア自然派生活
妻がコーチングを学んだら...
「がまだし日記」
ビーガンですけど、何か?
やさい部
農村の風
-*arisu*- ca...
おいしい暮らし~maru...
ごはんの時間 ++気まぐ...
Country Life
kitchen
あわじしまっこ、フィレン...
今日の畑しごと(キシノウ...
ちゃちゃっとご飯@男子食堂
クスクスこんな日
野菜とお菓子のHAZKI...

木精占い

SQ Life 木精占い

ライフログ


私の作る郷土料理 (クウネルの本)


クウネルの本 伝言レシピ (クウネルの本)


クウネルの本 つづきまして伝言レシピ


昔ながらの行事と手仕事をたのしむ、十二か月のレシピ にほんの食ごよみ


鎌倉・不識庵の精進レシピ 四季折々の祝い膳


うーらのオーガニックレシピ手帖 (エンターブレインムック)


izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」


つけもの漬けよっ。


ホームベーカリーで毎日焼きたて!元気パン―持ち寄りやお招きに大活躍!ママ&キッズの簡単おうちパン (saita mook)


焼くだけのお菓子 (Home made club)


焼くだけのお菓子 vol.2


ホットケーキミックスでパパッと作れる!うちカフェおやつ―スコーン、ガトーショコラ、バーケーキ…人気のカフェおやつがすぐ作れちゃう! (別冊すてきな奥さん)


藤井恵さんちの卵なし、牛乳なし、砂糖なしのおやつ (主婦の友生活シリーズ―Comoブックス) (主婦の友生活シリーズ―Comoブックス)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧